歪んだ世界を直すため



――私は、あなたの救いを忘れない。

だから、今度は私の番。

あなたの大切なものを、私が守ってみせる。

それが私の心からの願いだから、何も怖くないのよ。

さあ、涙を拭って、笑って私を見送ってね。



それは、世界に伝わる、古い古い伝説。



序章  オオナマズの言い伝え



第一部 世界の歪みはただただ大きく

第一章 友達は今日で終わり

第二章 四神、改め五神とする

   


第三章 春を司る神、青龍

   


第四章 青龍になった意味

         


第五章 持った力の意味するところ

10   11


第六章 始まりはそれぞれの場所で

12   13   14   15






登場人物




もし気に入っていただけたらポチッと押して行ってください。


登録させていただいているランキングサイトです。投票していただけると泣いて喜びます。

  



→novelへ